疲れやすい、体がだるい

糖尿病で疲れやすくなる理由

疲れやすい原因糖尿病が原因で身体の疲れにつながるのは、①高血糖のとき、もしくは②低血糖のとき、の2パターンです。
それ以外は、糖尿病が原因で疲れる、ということはありません。

  1. 高血糖の時は、身体が適切に血糖(=グルコース=身体のエネルギー源)を使えない状態になっており、身体が必要とするエネルギー需要に見合っていないため、疲れを引き起こします。特に空腹時血糖値が250 mg/dlを越えてくると、身体の疲れとともに、喉が渇くなどの症状も出てきます。
  2. 低血糖の時は、血糖が低いために、当然エネルギー不足による身体の疲れが出現しますし、ひどいときには震えやしびれ、意識が低下するなどの症状も出てきます。

ただ上述の通り、①高血糖もしくは②低血糖のとき以外で、管理されている糖尿病で症状が出ることはまれです。その際は別の要因を疑った方がいいかと思いますので、主治医の先生とご相談下さい。

糖尿病以外に考えられる原因

寝不足・働きすぎが疲労の原因に

ストレスや不眠・睡眠不足が続くと、疲労がたまり、身体のだるさや倦怠感につながります。その他に、生活習慣病を引き起こすことも。
疲れがとれない・体がだるいのは、自律神経の乱れが原因かもしれまん。
自律神経を整えると、疲れをとるだけではなく、更年期の症状を軽減することができます。

女性の約10人に1人!鉄不足による貧血

貧血は、赤血球やその中のヘモグロビンが少なくなることで起こります。駅の階段を登るような軽い動作でも動悸、息切れなどの症状が出ます。一番多い原因は、鉄不足です。
うつ病では、睡眠障害や疲労感・倦怠感、意欲・興味の減退といったさまざまな心の不調や体の不調が現れます。本人が気づきにくい病気のため、重症になる前に家族や周囲の人が気づくことが大切です。
女性の更年期障害の症状は、ほてり、体がだるい、気分の落ち込みなど実にさまざま。疑わしい症状があれば我慢せず受診しましょう。更年期障害と診断されたときは生活環境の見直しを行います。

甲状腺ホルモンに関わる病気は、更年期や加齢の症状と似ているので、見逃さないよう注意が必要です。甲状腺ホルモンが過剰になるバセドウ病や、甲状腺に慢性の炎症が起こる橋本病がよく知られています。
慢性腎臓病の主な症状には、だるさ、頭痛、吐き気、むくみなどがありますが、病気がかなり進行してから現れます。慢性腎臓病が脳卒中や心筋梗塞、認知症といった病気を引き起こすリスクを高めます。

がん関連疲労

がん細胞が産生する物質にエネルギーを取られたりすることにより体力消耗が見られます。

糖尿病の危険度セルフチェックリスト

簡単!糖尿病の危険度
セルフチェックリスト
  • 40歳以上の男性、または50歳以上の女性
  • 家族や親戚に糖尿病の人がいる
  • 太っている(BMIが25以上)、または最近体重が増えてきた
    ※ BMI=体重kg ÷ (身長m)2
  • 喉が異常に乾く
  • 食べても食べてもやせる、最近急にやせてきた
  • 健康診断で、尿に糖が出ていると指摘された
  • 尿の臭いが気になる
  • 残尿感がある
  • 最近、尿の回数が増え、夜中にトイレに行くことが増えた
  • 全身がだるい、疲れやすい
  • 手足がむくむ
  • 夕ご飯を食べた後にすぐ寝てしまう
  • 外食が多い
  • 1食抜いて、次でどか食いをしてしまう
  • 甘いお菓子やジュースをよく口にする
  • 運動の習慣がなく、車に乗る機会が多い
  • タバコを吸っている
  • ストレスの多い仕事をしている

5つ以上当てはまる場合、糖尿病のリスクが高い状態です!お早目に専門の医療機関を受診ください。

他に、このような症状やお悩みはありませんか?

TOPへ戻る
本院WEB予約本院WEB予約予約枠に余裕があります 分院WEB予約予約枠に余裕があります 分院WEB予約 WEB問診WEB問診 LINEで予約LINEで予約
Follow us Fecebookで無料相談Fecebookで無料相談 Facebook Instagram Youtube