尿に血が混じる

腎臓病で尿に血が混じる原因

腎臓病で尿に血が混じる原因腎臓で血液から尿をろ過する場所を糸球体といい、腎炎(腎臓の炎症)などの糸球体の病気があると、出血し血尿が出ます。
糸球体のような腎臓内部からの出血による血尿は褐色のような濃い色味の尿が出ます。腎臓ではなく膀胱や尿道から出血がある場合は、鮮やかな赤い色が混じることもあります。
また、排尿時に痛みを伴わないときは腎臓・尿管・膀胱の腫瘍(癌)の可能性もあります。

腎臓病以外で血尿が考えられる原因

腎臓病以外で血尿が考えられる原因尿の通り道である腎孟、尿管、膀胱、尿道などに出血を起こすような病気があれば血が混じることがあります。排尿時に痛みを伴うときは、膀胱炎や結石が考えられますので、泌尿器科へ受診することをお勧めします。
また、悪性腫瘍は生命を脅かす危険があるため、早期発見が必要です。そのなかには、膀胱癌、腎癌、前立腺癌、尿管癌、腎孟癌などがありますが、膀胱癌は顕微鏡的血尿で診断される悪性腫瘍の中で最も多い癌です。尿路結石症では、ほとんどの症例で顕微鏡的血尿をともなっています。膀胱炎でも濃尿と血尿を伴う場合があります。
これらの病気をはやく発見するためには、健診や人間ドックなどによる尿検査が重要です。

血尿に気が付いたら検査を受けましょう

健診や病院での尿検査で、「おしっこに血が混じっています」とか「尿潜血陽性です」とかいわれたことがあると思います。尿に血が混ざる、いわゆる血尿は、尿をつくる腎臓や尿の通り道の重要な病気のサインです。おしっこが赤いなど、尿に血が混ざることを目で見て判断できる肉眼的血尿はさらに重要な病気のサインです。
これらの病気を発見するためには、健診や人間ドックなどによる尿検査が重要です。血尿が見つかった場合には、症状がないからと放っておかず、はやめに専門医の受診をおすすめします。

WEB予約はこちら

他に、このような症状やお悩みはありませんか?

TOPへ戻る
本院WEB予約本院WEB予約予約枠に余裕があります 分院WEB予約予約枠に余裕があります 分院WEB予約 WEB問診WEB問診 LINEで予約LINEで予約
Follow us Fecebookで無料相談Fecebookで無料相談 Facebook Instagram Youtube